絵本の魅力・効果とは??

近年では0歳から大人向けまで、さまざまなジャンルの絵本が数多く出版されています。

そして各地方自治体からは少しでも早く絵本にふれ合うことが出来るよう、絵本の贈呈などが行われています。

そんな絵本には、さまざまな魅力・効果がぎっしりと詰まっています。

まず絵本とは?

Wikipediaによれば

「絵本(えほん、Picture book)とは、その主たる内容が絵で描かれている書籍の一種。絵画(イラストレーション)を主体とした書籍のうち、物語などテーマを設けて文章を付与し、これを読ませるものである。」

とあります。

まあ、簡単に言ってしまえば、絵がメインの本で、文章はおまけ的な感じです。

絵本は文庫本のように文字を主体としたものではなく絵を中心としたものであり、文章はその絵を補助するためのもの。基本的に絵本の中には文章が少なく、子供たちが絵を見て楽しめる作りになっています。

とは言うものの、近年の絵本では文章にも力を入れられている作家さんが増えてきており、その結果、お子さんも大人も一緒に楽しめる良い効果が得られています。

そして絵本と同じく、絵が多く使われている本には童話があります。このふたつは同じように扱われがちですが、それぞれに違いがあります。

童話は絵本のように絵も多く使われてはいますが、古くから「言葉」を使って語り継がれてきたお話なので、絵がなくとも文章を読むことで物語を楽しむことができるようになっています。

童話はまだこの世に絵本がなかった時代からあるものなので、昔はお子さんを寝かせ付ける際によく使われてきたそうです。

つまり、絵本は「絵」を重視し、童話は「文章」を重視しているということで似ているようではありますが、こういった違いがあります。

絵本の魅力・効果

では絵本にはどんな魅力・効果が詰め込まれているのでしょうか。

まず前提として絵本は「絵」を中心とした本であるため、そこに描かれている絵に魅力があります。もちろん文章も書かれていますが、子供たちの目に映りこんでくるものは「絵」です。

その絵本のテーマによっていろいろな描かれ方をしていますが

  • 大きく描かれたもの
  • 小さく描かれたもの
  • 色とりどり鮮やかな色合いのもの
  • 落ち着いたモノトーン調のもの
  • 優しいもの
  • 激しいもの

などなど、さまざまな表現で描かれています。子供たちが絵本にふれる時、極端に言ってしまえば「絵」しか見ていません。

子供たちがこれらの絵を見ることで、直接的に五感が刺激され想像力がどんどん膨らみはじめます。そこに僕たち大人が文章を読み加えてあげることで、その想像力はさらに加速し、自分の中でいろいろな世界感へと広げていくのです。

そして、もちろん絵本の絵は動いたりしません。が、子供たちの頭の中で、その絵は躍動して動きまわっています。これを繰り返すことで、子供たちの想像力はどんどん豊かになっていきます。

さらに絵本ではさまざまな色が使われています。想像力、表現力を豊かにしていくためにはこの「色」も重要なポイントになってきます。

例えば、暗い色しか使われていない絵本があるとします。大人からしてみれば色鮮やかな絵本の方が子供たちにとって良いのでは?そのような絵本を読んでいると暗い子になるのでは?と考えがちです。

しかし、色は暗くても、そこに描かれている絵や文章が楽しいものであり、僕たち大人がその楽しさを伝えられるように読んであげられれば「暗い色=暗い子」にはなりません。

お葬式だって悲しみだけに包まれないように色鮮やかな花たちで彩られますよね?その効果と同じです。その色によってある程度のイメージはきまってしまいますが、子供たちはその色合いから「楽しさ、優しさ、悲しさ、激しさ」なども学びとることができるのです。

言ってしまえば幼少期に見た絵本の特徴により、子供たちのものごとのとらえ方や考え方、また受け取り方が大きく左右されます。もちろん絵本だけに限らず、外での遊び、おもちゃでの遊び、お友達との遊び、そのすべてが子供たちの成長に大きく関わってきます。

こういう言い方をすると驚かれる親御さんもいるかもしれませんが、安心して下さい。世に出版されている絵本には子供たちにとって「良い影響」を与えてくれるものしかありません。なので、たくさん読んであげて下さい。

絵本最大の魅力

絵本にはたくさんの魅了が詰まっていますが、中でも最大の魅力と言えば「読み聞かせ」になるのではないでしょうか?

子供たちは絵本の「絵」しかみていません。

もちろん絵を見ているだけでも十分楽しめますが、それではその絵本の魅力が半減してしまいます。

では、その絵本の魅力を最大限に引き出すには?

それが「読み聞かせ」です。

絵本は「絵」を見て楽しむものではありますが、読み聞かせを行うことで絵を見るだけではなく、「聞く」という喜びを感じられるようになります。

絵本は子供たちが読むものととらわれがちですが、実は大人が読むもの。つまり、親御さんたちが子供たちへ読み聞かせるものなのです。

ここで少し、あなたが本を読むときの風景を想像してみて下さい。

あなたが文庫本や漫画を読むとき、声に出して読みますか?

中には声に出して読まれる方もいるかもしれませんが、たいていの方は声に出すことなく、頭の中だけで読んでいるはずです。

そして次に、絵本を読んでいる風景を想像してみて下さい。

そこに浮かんでくる風景は、親御さんとお子さんが絵本を手に取り、一緒に楽しんでいる風景ではないでしょうか?

絵本というジャンルは、唯一と言ってもいいほど「声に出して読む」を実行する本なのです。

親御さんがお子さんへ向け、声に出してゆっくりと心をこめて読んであげることで、文章から温もりが伝わるようになります。その際、子供たちは声のトーンや抑揚を感じとり想像力を膨らませていくことで感受性が豊かになっていくのです。

その行動はただ本を読んでいるというものだけではなく、そばに寄り添いながら読んであげることで子供たちはパパ、ママが私のために読んでくれているというスペシャルな喜びにつながり、親子の絆は深まっていくのです。

そして、子供たちが絵本により「聞く」という喜びを見に付けることができれば、この聞く力は傾聴力のUPにつながります。

傾聴力とは?

傾聴力とは?

簡単に説明すれば「相手の話をじっと聞く力」のことです。ただ聞くだけではなく、相手の表情や仕草などを観察し、そこから発信者への理解力を高めることです。

子供たちはどんどん成長し、あっという間に親御さんの手を離れていきます。

幼稚園や保育園に通い始めると、今まで接してきていなかったたくさんの大人や子供たちとふれあうようになっていきます。

その時に、相手の話を聞く力がどれだけあるかによってコミュニケーションの取り方、物事の理解度が大きく変わってきます。もちろん、その能力は自然と身につくものであり、焦って教えなくてはいけないものではありません。

が、幼い頃から絵本の読み聞かせを行っていることにより、自然とその能力は高まっていくのです。

現代はネット社会へと大きく変貌し、「人と人とのふれあい」の回数はどんどん減少しています。またそこに輪をかけ、コロナ禍による影響によりテレワークの推進で、直接的にコミュニケーションを行う機会は減少しています。

後書き

これからの時代は、ますますコミュニケーション能力が求められる時代になります。

通信の発達により、誰でも簡単にさまざまな情報が手に入る時代になりました。それにより、自分一人で行えることもどんどん増え、人と人とが直接的に協力しあい、手を取りながら行うことなども減っています。

そして、日本は「少子高齢化」という大きな問題も抱えており、ますますこの問題は大きくなっていく一方です。

これからの子供たちは、私たちが経験したことのない、たくさんの未知なる問題へと立ち向かっていきます。

そのためには、幼い頃からしっかりと親子の絆を深め、人の温もりや繋がりを大切にできる子供たちに成長してもらう必要があります。

親御さんの中には、本を読むのが苦手な方は多いかもしれませんが、絵本はべつものです。親子の絆を深めることのできる、とっても素敵なアイテムです。

ぜひ大きな声をだして、お子さんたちに読んでみてあげて下さい。

合言葉は

『世界の宝 = 子供 = 地球の未来』!!  

くわき りょう

よろしければフォローお願いします。

フリック・絵本の最新記事

>『世界の宝=子供=地球の未来』

『世界の宝=子供=地球の未来』

僕たちは日本という恵まれた国に生まれ、なに不自由なく生活を送ることが出来ています。しかし世界を見渡すときれいな水が飲めない、読み書きが出来ない、夢を抱けない子供たちがたくさんいます。そしてその子供たちを育んでいく環境にもさまざまな問題が隠れています。この問題は世界中のみなさんが真摯に向き合うことで改善されていくことが多くあります。僕のような無力の人間が一人声を上げてもなにも変えられません。僕にみなさんの力をお貸しください。

CTR IMG